先生方へ

こどもの機嫌が悪いとき


レッスン中に、こどもの機嫌が悪くなることはありませんか?

そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

さっきまで楽しそうにレッスンを受けていたのに…

気付くと機嫌が悪くなってしまった。


なぜでしょう?


そんなときはなぜ機嫌が悪くなったのか知るために、本人に尋ねてみましょう。


ここでの注意点は、「レッスンの初日で一番大切なこと」でもお伝えしましたが、
一人一人こどもたちの性格は違いますから、聞き方に配慮するということです。


引っ込み思案の子に、教壇から「どうしたの?」なんて大きな声で聞いてしまうとどうでしょう。
レッスンに参加しにくくさせてしまうかもしれませんね。


聞くことが難しい様子であれば、ちょっと想像してみましょう。


アクティビティ(ゲーム)で負けてしまって、機嫌が悪くなったのかも知れません。


言えると思って答えてみたら、実は間違っていて、恥ずかしさのあまり表情が
硬くなっているのかも知れません。


機嫌が悪そうに見えるだけかも知れません。


「先生、こっち向いて!」って、気を引きたいのかも知れません。


ここで大切なことは、「なぜ?」ということを理解するということです。


理由を知り対処することで、あっさり機嫌が直ることもあります。


反対に、理由も分からずこどもにアプローチし続けると、返って逆効果の場合もあります。


それでも無理なら?


十分に理由が分かった上でアプローチをしても、反応が良くならない時は、
少しだけその子に時間をあげましょう。

あまり先生がかかりっきりでも、機嫌を直すタイミングを失ってしまうこともありますから。


私はこんな時、こうしています。

   「ほっておく」&「チラッと見る」を実践しています。


ほっておくのも、時には愛情だと私は考えています。


でも、ほっておきながらも「完全にほったらかしじゃないよ」っていうのを
その子に伝えるため、チラッと時々見るんです。

そんな時、ほぼ必ずその子と何度か目が合うんです!

こどもも先生の様子が気になるはずですから。


こどもたちも先生から完全に無視されていないと分かれば、きっと安心するでしょうし、
先生方もこどもたちの様子が分かれば、レッスンに再度参加させるタイミングも
分かりやすくなるでしょう。


どうぞ一度、試してみてください・・・


今日からこどもと英会話生活《HOMEへ》

2006年04月08日 21:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: