自宅で学ぶ

モーツァルトの音楽効果で優しい耳を育てよう



『モーツァルトの音楽』+『英語』=・・・・・

この2つを足すと、何が出来上がるのでしょう?

その答えは・・・『英語耳』です。


モーツァルトの音楽には、高血圧・不眠症・冷え性の改善など、様々な健康効果があるそうです。


その理由としては、
「高周波」と「ゆらぎ音」(副交感神経に作用して、脳にたくさんの良い刺激を与えてくれるもの)が、
脳波に心地よい刺激を与え、不安やストレスを軽減させたり、
記憶力を高め、脳や体をリラックスさせる効果があるとされているからです。


そんなモーツァルトの音楽をバックに英語を聴いたら、英語が自然に入ってくるだけでなく、
こどもたちの優しい心もきっと育まれることでしょう。

ちょっとお疲れ気味のお母さん、お父さんにも、リラックスする時間が一緒に作れますね。


英語はナチュラルスピードで話されていますので、
最初は「ちょっと早い!!」とビックリするかもしれません。


でも、ご心配なく!

これは、リスニングのテストでもありませんし、暗記の勉強でもありませんから☆


あくまでも、リラックス。リラックス。


「何を言ってるのか、英語を聞き取ろう」なんて思わず、心を穏やかに、
まずは聴き流してみましょう。


それを何度か繰り返すうちに、自然と英語が入ってくる耳が出来上がっているはずですから…


※こちらで視聴できます→イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト


※こちらでは体験版CD+ミニ読本プレゼント中→「モーツァルト・エンジェルCD読本」



今日からこどもと英会話生活《HOMEへ》

2006年08月24日 22:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: