親子でチャレンジ

「はい、これあげる」



レッスンに行くと、実に様々な物をこども達からもらいます。

あめ玉、私の似顔絵、髪につけるピン、お手紙…

「はい、これあげる」

そんな時、私はこども達に

「This is for you.」
(ディス イズ フォ ユゥ=はい、これはあなたへ。どうぞ)

という言葉を伝えます。


この「This is for you.」という言葉には、「あなたへのプレゼントという特別な気持ちがこめられる」と、

以前ホームステイをしていた時に、ホストマザーに教えてもらいました。

ですから、こども達にはその言葉を持つ意味も伝えながら、

ちょっと言ってみようか…


と、あくまでも英語の練習ではなく、コミュニケーションの一つとして言ってもらいます。


もちろん受け取った後は、
「Thank you !」と感謝の言葉を言うと、

こども達は、
「You're welcome !」 と自然に返ってきます。


テキストに出てこない、何気ない1場面でも英語でのコミュニケーションがはかれると良いですね。


今日からこどもと英会話生活《HOMEへ》


2006年10月29日 14:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: