親子でチャレンジ

「ごめんなさい」



けんかをした時、何かを壊してしまったとき、

「I'm sorry.」(アイム ソォリィ=ごめんなさい)

私のクラスでは、盛り上がりすぎてついついこども達同士けんかをしてしまったり、
人のカードを取ってしまった時、この「I'm sorry.」がしばしば登場します。


けんかをよくする子は、
この「I'm sorry.」が本当に良いタイミングで、言葉として出てきます…(苦笑)。


さて余談ですが、

同じ「ごめんなさい」と伝えるのでも

「I'm sorry.」「Excuse me.」(エクスキューズ ミィ)があるのはご存知ですか?


実は微妙なニュアンスで意味が異なるんです。

その微妙な違いを、絵で分かりやすく説明している絵本があります。
コチラ→「Excuse Me !」がオススメです。

私もこの絵本でこども達に「ごめんなさい」を伝えたら、1回で微妙な使い分けを覚えてしまいました!

ビックリ!の一冊です。


今日からこどもと英会話生活《HOMEへ》

2006年10月29日 21:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: